みってなに託す想い

みってなに託す想いの記事一覧

こうさくの旅立ちに寄せて-2-

kousaku-2

こうさくという存在があったからこそ、

今の私がいます。


命あるもの、

必ず別れの時はやってきます。

だからこそ、

今この時を、

しっかりと

愛犬ちゃんと向き合ってほしいと、

こうさくの旅立ちに当たって

改めて感じています。


別れの寂しさや辛さは、

当然のごとくありますが、

私は、

その時々を一緒に過ごし、

一緒に成長してきました。

 

「なんで、そんなに普通でいられるの?」と、

何人もの同業者の方からも聞かれますが、

その時々をしっかりと向き合って、

自分の中に落とし込んできたからこそ、

別れはただ物質的な別れになっています。

 

もちろん、

そこにいた大きな存在、

重さを感じて、

その温かさを感じてきた存在が無くなることは、

言葉に表せない虚しさ等ありますが、

そういう事をひっくるめてが、

『愛犬と暮らす』ことなんだと、思います。

 

忙しい日々に追われ、

愛犬に時間を割けない時もあります。


しかし、

日々、コミュニケーションを取り、

信頼関係を築いていれば、

私たちの愛犬たちは

必ず理解してくれています。

 

 

こうさくと暮らしていく間に、

私は畜産現場に身を置く時期がありました。


生ませて、殺し、食べる。

手をかければ

その命を長らえさせることができると
分かっていても、

その時の私たちは、

その手間と経済性を瞬時に判断し、

時に見捨てるときもあります。

まだ20代前半の私には、

心の持っていき方が分からずに

随分と悩んでいました。


そんな時も傍らにいて、

全幅の信頼を寄せていてくれた、こうさく。


産業動物とペットとは違うとわかっていても、

目の前にいるこの羊や牛や豚たちと、

こうさくは何が違うのだろうと考え、

その答えを見つけた後も

 

「いつ、どんな風に別れが来るかわからないから、

一緒にいられる時間を幸せに過ごしてほしい」と

強く思うようになりました。

 

たぶん、

他の家庭犬よりも様々な場所へ行き、

多くの経験をしたこうさくが、

次はどこに行くのだろうと思うと同時に、

今はまだ、

そこにいる様な感覚でいます。

 

老化による、

足腰の痛みなどはありましたが、

その3週間ほど前までは

ピンピンと暮らしていました。


突然の嘔吐から、

食事や点滴の拒絶、

寝たきりになるかも。。と

急遽購入した介護用マットも、

たった数時間でしたが、

その上に横たわることもしてくれました。


身体の自由が利かなかった

最後の2日間は、

既に耳があまり聞こえていなかったからか、

目だけで私を追いかけ、

私が見える位置にいると

安心して寝てくれていました。

 

その日、

仕事が一段落して、

おしっこに連れ出そうと

抱きかかえて庭に連れていく時は
いつも通りだったのに、

おしっこを終えて

再び抱きかかえてベットに横たえようとしている

何秒かの間に、

こうさくは旅立ちました。


まさか。。

というタイミングで逝ったこうさく。

 

私たちをよく知る獣医さんは、

「そのタイミングを待ってたんだね」と、

「腕の中でなんて、ほとんど無いよ」と、

声をかけてくださいました。

 

本当のところは、

こうさくに聞いてみないと分かりませんが、

こうさく自身がその時を選ぶことで、

「ひとりで逝かないでね」という、

最後の

私のお願いを叶えてくれたんだと思える状況に、

こうさくと過ごした日々に、

こうさくも私と過ごした日々に

幸せを感じてくれていたのだと思って、

前に進んでいこうと思っています。

 

金曜日の夕方、

私の仕事が一段落着いた時、

こうさく用に買ってあげた
介護用マットも使ってくれて、

そして

私の腕の中で逝ったこうさく。

 

本当に、私のことをよく分かってくれる、

最高のパートナーでした。

 

今後は、

こうさくが与えてくれた、

たくさんの思い出や経験を、

すおうやきびたと共に、

一人でも多くの

飼い主さまと愛犬ちゃんの幸せのために

役立てていこうと思います。


そして、

しつけやトレーニング技術だけではない、

『愛犬と暮らす』ということを、

その素晴らしさを伝えていける

ドッグトレーナーになれるよう

努力していこうと思います。

 

とりとめもない文章を
最後までお読みくださり、

ありがとうございました。


こうさくの存在が、

みなさまと愛犬ちゃんとの暮らしに

少しでもお役に立てたことを信じて、

今後も活動していきます。

 

今後とも、
みってなをよろしくお願いいたします。

こうさくの旅立ちに寄せて-1-

kousaku-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
みなさま、こんにちは。
みってなです。

2016年10月28日にこうさくが旅立ちました。

生徒さまにお送りさせていただいた、
ご挨拶のお手紙。

多くの方から、反響がありました。

愛犬ちゃんと暮らす心構えなどの
ヒントにしていただけたらと、
こちらにも掲載させていただきます。

あくまでも、
みってな個人の想いです。
もしよければ、目を通してみてください。

 

たくさんの方からの温かいお言葉やお花、本当にありがとうございました。


みなさまから、

「あの時、うちのワンコに、
こうさくがこうしてくれた」、


「ハイムに行くと、
門のところでこうさくが迎えてくれた」

。。。など、

みなさまの記憶の中に

こうさくがいることを感じられ、

改めて、

こうさくの存在の大きさに

気づかせていただきました。


ありがとうございます。

 

こうさくとの出会いは、

私が麻布大学在学中でした。

 

犬のしつけや

トレーニングについて学びたいと

入学した大学で、

生後10ヶ月齢になったこうさくたち兄弟の

引き取り手を探しているということで、

当時20歳だった私は、

家族の了承を得て、


一大決心をして引き取りました。

 

その後は、

波乱万丈な20代を、

日本全国、

常に私の横にいてくれた、こうさく。

 

私の

犬の行動学や

トレーニングについて学ぶための

パートナーとして、

引き取ったつもりが、


いつの間にか、

そこにいて当たり前、

一番の理解者となっていました。

 

とても状況判断が得意な、

落ち着いた子でしたが、

その甲斐あって、

すおうを引き取った際も、

とっても上手にすおうを育ててくれました。


こうさくは

とてもメンタルキャパシティーの

大きな子に育っていたので、

逆に

すおうがお転婆に育った気はしますが、

こうさくがいてくれたお蔭で、

すおうがすくすくと育ち、

私自身も「みってな」として開業し、

そして、

生徒さまたちに、

少なからず良い影響を与えられたと、

みなさまからのお言葉を受けて改めて感じています。


更には、

こうさくと過ごした短い間にも、

きびたは様々な教育を受け、

こうさくに育てられたすおうからの教育も受け、

現在、

こうさくの代わりに

みってなを背負う準備を進めています。

 

こうさくの旅立ちに寄せて-2- へつづく

私たちにできること。

DSCN6981
こんにちは。

みってなです。

昨日のブログは、健康診断の話から、
なんだか別の話になってしまいましたが( ゚Д゚)、

みなさまは、愛犬ちゃんの健康管理って、
どうすりゃいいのよ~?!

と、思ったことはありませんか??

みってなが考える『愛犬ちゃんの健康管理』とは、
医療的、獣医学的なモノはもちろん、
心の健康も健やかに保ってほしいのです^^

身体的な健康管理を
獣医さんにお任せするのも悪くはありませんが、

できれば、
まずは飼い主さま自身が
愛犬ちゃんの変化に気づくいてほしいと、
みってなは考えております。

みってなが学生の時、教わったこと。

獣医学部生であるけれども、獣医師を目指していない、みってなたち。

たとえ、医学的な知識を学んだとしても、
医療行為はもちろん、診察などももちろんダメ。

私たちにできることは、
『獣医さんに診せた方が良いかどうかの、より的確な判断』

みってなは、この『的確な判断』を、
飼い主さま自身にもできるようになってほしいと思うのです!

と言っても、

飼い主さまに必要な知識と技術とは、
『ちょっとしたことに気づくこと』だと思います^^

しつけやトレーニングを日々行っている飼い主さまは、
愛犬ちゃんとのコミュニケーションが頻繁に取れているということ。

なので、

『なんか元気がない?』
『足を引きずってる?』など、
ちょっとした変化に気づきやすいようです!

さらに、

グループレッスンやイベントなどで

ほかの飼い主さまとのお話されるなかで、
ほかの愛犬ちゃんの様子を見ることで、

気づきを得られることも多くあるようです^^

また、獣医さんの様に医療現場に毎日いる訳ではないですが、
みってなが気づいて、アドバイスさせていただき、
早期発見になったケースも、実は何度もありました。
(畜産現場でのオペ経験などが役に立っているようです~)

愛犬ちゃんとの毎日を、
より良いものにするために、
ぜひ、勇気を出して外に出てみてください~

こうさく&すおうと、お待ちしております~!!

人間と動物

DSCN6978
みなさま、こんにちは。

みってなです。

たーくさんの動物たちと接しながら、
いろいろなことを考えていたみってなですが、

具合の悪くなった動物の看病をしたり、
獣医さんはもちろん、
人間のお医者さんや看護士さんたちとお話していくうちに、
気づいたことがありました。

人間と犬、羊や牛、豚、、、と、
『種類は違うけれども、同じところもあるな~』

出産の仕方や病気の症状、
使う薬の成分や処置の仕方。。

よく考えれば、みーんな動物!

哺乳類!

心臓があって、肺で呼吸して、
お母さんのおなかの中で赤ちゃんを育み、
快・不快を感じてる。

ただ、

忘れてはいけないこともある。

『同じ動物でも、種類が違う』

その種類ごとの、特性や特徴があるってこと。

同じところと違うところ。

これを忘れてはいけないですよね^^
そして、今、みってなは思います。

『その種を尊重すること』

『その生命を尊重すること』

これを忘れなければ、例え種類が違っても、

コミュニケーション方法が違っても、

必ず、分かり合える!と。

みってなの経験を、
飼い主さまと愛犬ちゃんの関係づくりに
役立つよう、

今後も、こうさく&すおうと共に
邁進していきます~!

 

 

愛犬ちゃんの健康管理って?

DSCN6975
みなさま、こんにちは!

みってなです。

昨日の記事で、
年に一回の健康診断をおススメさせて頂きましたが、

そもそも、
愛犬ちゃんの健康管理って、どのようにされていますか??
頻繁に獣医さんに行くのも良いと思います。

たとえば、
フィラリアのお薬を
毎月もらいに行くついでに、ちょっと見てもらう。

爪を切ったり、肛門腺を絞ってもらうために、
月に一回ほど獣医さんに行く。

これほど安心なことはありませんよね^^

なぜって。。。

『犬』である愛犬ちゃんや他の動物たちは、

具合の悪い症状をなかなか表に出さなかったり、

症状が出ていても
私たち飼い主が気づいてあげられなかったり、

「ちょっとおかしいな。。」と思っても、

「獣医さんに行くほどじゃないかな。。」と
見過ごしてしまうことも多いようです。

みってなは、
獣医学部で動物の勉強をし、
その後、
羊牧場や酪農家で動物と過ごす生活をしていました。

小さいころからザリガニやカエルは飼っていましたが、
人間以外の動物(哺乳類ですよ~)と生活し始めて20年余り。

専門的に動物を勉強し始めて14年ほど経ちましたが、
経験を積めば積むほど、
適当な事を言えなくなっています。

なぜって、

みってなは、獣医学部で獣医学について学びはしました。

卒業後も牧場や研究所で、
犬、猫、羊、牛、豚、鶏、ラット、
山羊、うさぎ、モルモット、リス、イノシシ、、、

さまざまな動物と仕事を通して接してきました。

彼らの命の始まりと終わりを操作もしました。

動物たちが具合が悪くなった際、
その個体(獣医学などでは「個体」と表現します)を、
時間とお金と労力をかけて
助けるか見放すか。

「見放す」と判断した際の、方法をどうするか。

いかに楽に逝かせるか。

その判断の責任を引き受けていた時もありました。

そんな経験の中から、
私たち『人間と動物の違い』をとっても考えました。

『人間と動物の共通点』や『生き物って??』
なんて哲学的な事も考えていました。

 

つづく